青汁成り立ち

青汁ビジネス

青汁成り立ちって興味ありますよね。なんと、青汁資料館っていうのがあるんですよ。東京にもあるようですけれど、どんな成り立ちか、今日までの軌跡をかいま見ることができます。はじめは、お医者さんが、戦時中の食糧難時に人々の栄養を考えて作ったといわれています。当時から考えると、改良に改良をかさねて、飲みやすい、携帯しやすい形になってきましたが、はじめの原材料はケールが主だったようです。

現在はケール以外にも明日葉や、大麦若葉などいろいろな原材料をもちいているものが登場し、各々の青汁で、配合成分なども違っていますから、自分に合った青汁をみつけることができます。しかも、昔の青汁のように飲みにくい、苦いというものばかりではなく、のみやすくておいしい青汁もあるということに注目されます。

青汁がすごいのは、薬効成分とも言えるような、緑黄色野菜中に含まれる栄養素がぎゅっとつまっていることにあります。なかでもビタミンAは老化防止によく、かぼちゃの約3倍もの量が含まれているのです。ほかにも、アトピー、ぜんそく、花粉症といったアレルギーを緩和する成分のリノレン酸や鉄分も含まれているのです。まさに、栄養点滴みたいなもので、一気に栄養分を取れるのではないかというぐらいですよね。鉄分も多いですから、女性にも強い味方です。

Copyright (C) おすすめ!サントリー極みの青汁お試し All Rights Reserved